ベトナム夜遊び生活 ベトカラ!ハノイの可愛い女の子はこのカラオケ店だ!

見てはいけないホントのアオザイ娘

見てはいけないホントのアオザイ娘

〜第4話 シャッター裏の置屋〜




ここにはもう一生行くことはないだろう。そう思えた場所だった。 ある土曜の昼のことである。勤めていた会社の部内イベントということで、ベトナム人スタッフを交えた100人程度の宴会が開かれた。 いつもの見慣れた定番ベトナム料理を食し、薄いビールを数杯頂く。スタッフは好き勝手にどんちゃん騒ぎをしているが、日本人としては正直、早めに帰ってカラオケの女の子とデートをしたい気分だった。それは他の同僚も同様で、頃合いを見計らっては早々に帰宅していった。 残った日本人は、私と上司の二人だけだった。この上司はいつもふざけていて、50代というのにスタッフに対して、スケベな事ばかり言うオヤジだったが、スタッフからは人気があった。(日本だったらセクハラになっていただろうことは周知の通りである) 宴会も終盤になり、解散の雰囲気になってきた頃である。上司が私のそばにやってきてこういった。 「この後、エッチなとこどう?」 なんてニヤニヤしながら堂々と言い放つ。昼という時間もあり、マッサージ程度だろうと思い、承諾する。 すると男のスタッフの数人も同じようにニヤニヤしながらやってきた。 「バイクのウシロにノッテクダサイ」 まさかとは思ったが、どうやら上司はスタッフにエッチなところに連れて行ってくれとお願いしていたようである。半ばあきれながらも、バイク5台で走り始めた。 1時間ほどかかっていたと思う。途中、スタッフですら道に迷う場面もあり、ハノイから南の方へかなり来たようだった。 そこは殺風景な場所だった。道に面していたのは雑草だらけの荒れ地で、向かい側はシャッターの降りた普通のベトナムの民家がポツポツとあっただけだった。 我々が荒れ地にバイクを止めると、スタッフの一人がバイクから降り、一軒の民家へと向かった。看板のたぐいは一切ない。声をかけると、中から少しだけシャッターが開く。どうやらスタッフは誰かと話をしているようだったが、こちらからはその姿は見えない。 そして話し終わるとそのスタッフは我々に手招きをした。 我々のグループは8名ほどだったが、案内してくれたスタッフを除いて、他のスタッフ全員は隣のお茶屋さんに腰をおろした。 私が思っていたよりも、どうやらベトナムの男は真面目らしい。そういえばほとんどが妻子持ちだった。私は残ったスタッフにせかされるように、上司と共に民家の中へと案内される。 そしてそこには・・・ シャッターの裏には4、5人の女の子がいた。 それも若い。20歳程度だろうか?10代と言われても納得出来る容姿だったが、本当のところは分からない。 中はむき出しのレンガの壁にただ椅子が並べられていただけだったが、奥にはまだ続きがあり、階段も見えた。 その様子を見て、わたしはただのマッサージではないと感づいていた。まさかいつものスペシャルマッサージの為にこんなところまでくるはずもない。 予想は当たった。そう、ここはベトナムの置屋だった。ベトナム人向けだろうが、完全に危ない領域である。それを知っているから店側も看板を出していない。仕切りに外を気にし、女達もどこか警戒している様子だった。 だがそこは能天気な上司である。そうそうに好みの女の子を指名し、2階へと上がっていく。スタッフは30万ドンだと教えてくれたが、私が煮え切れない顔をしていると、自分も女の子を指名し、奥へと向かった。 私はというと、大きめのメガネをした女の子が気にはなったが、いかんせん若い。加えて、部下に弱みを握られるのは絶対に嫌だった為に、店を出て、他のスタッフが談笑しているお茶屋さんへと向かった。 そして戻った私にスタッフ達はこう言った。 「アナタはアタマがイイですね」 その意味したところの真意は分からない。病気を持っているとか、犯罪だからとか、仕事上の関係の事なのか。 だが少なくとも、私はあの時の判断を後悔はしていない。 それは単純にベトナムを愛していたからである。 [第4話 シャッター裏の置屋 終わり]


あとがき ベトカラでは売春・風俗を推奨していません。ベトナムでは風俗営業が禁止されておりますのでご注意下さい。 面白かったらいいね!(Like)をお願いします。次回執筆への糧にします。

見てはいけないホントのアオザイ娘

〜第3話 マッサージ娘〜




ベトナムにはマッサージ屋がたくさんある。といってもまぁ観光向けのマッサージから、流行のスパ、駐在員向けや現地人向けのマッサージ、風俗マッサージまで様々なものが存在する。今回コラムとして書くのは駐在員向けのマッサージで出会った娘の話である。 わたしは駐在員として、外国人向けのサービスアパートに住んでいた。値段はひと月あたり1500ドル。1LDKの部屋に風呂、トイレ、カウンターキッチン、一通りの家具は揃っていた。朝食付きで、アパート全体の使用人がいるために掃除、洗濯は全てやってくれる。中にはジムもあり、プールも付いていた。と、書くと非常に聞こえはいいのだが、実態はパサパサの不味い朝食、プールは汚く誰も使用しない、洗濯は誰か知らない下着が入っていたり行方不明になったり。最終的には勝手に洋服のタグに部屋番号をサインペンで書かれる始末。毎日ストレスの連続だった。 だがそんな中で唯一わたしがひんぱんに利用をしていたのがアパートの近くにあったマッサージ店だった。客層は駐在員の外国人がほとんどだったが、たまにベトナム人も来ていた。2階建てで、清潔感があるとは言えなかったが、それほど悪くもなかった。1階で受付を済ませてから2階に行くと3,4人のマッサージ嬢が待機していて個室に案内される。指名は出来ない。というか当時わたしがベトナム語があまり出来なかったので、言われるがままにしていたのが本当のところだ。 観光向けのマッサージにはフットマッサージが多いのだが、そこはボディマッサージ1つのみのコースで、1時間90,000vnd(おおよそ450円)だった。話はそれるが、よくベトナムトラディショナルマッサージと書いてある店が多いのだが、個人的にはオススメしない。理由は全然気持ちよくないからだ。指圧や揉む、ストレッチなどのたぐいでなく、体をひっかかれたり、背中の皮膚を引っ張られたり、重たい体で乗られたりとストレスがたまった上に、チップを要求されるので後味が悪い。 そしてこの店はその典型的なトラディショナルマッサージだった。ではなぜ多くの駐在員が通っていたのか。それは別のところにあった。 その店のマッサージの娘達はユニフォームを着ていた。それが妙にエロい。ミニスカートにポロシャツという姿で、施術中はずっとチラ見せ状態である。初めてこの店に足を運んだ時は、見てはいけないと、目を閉じて寝たふりをしていた。気持ちよくないマッサージが始まって45分ぐらいだろうか。私はもうここには二度と来るまいと考えていた時である。突然マッサージ娘がわたしの太ももから下腹部をなで始めた。そしてわたしの顔をずっと見ている。ずっとその状況が続くものだから、わたしもこれはもしや噂のアレなのか?と確認するために、覚えたてのベトナム語で言った。 「ばお にゅー てぃえん?」(いくらだ?) するとマッサージの娘は2本の指を立てる。20万ドン。マッサージのコースより高いチップの要求に抵抗を感じながら首を振っていると、最終的に10万ドンまで値下げされた。内容はライトなものであったが、いい暇つぶしにはなった。 ある日、いつものようにそのマッサージの店に行くと、20歳程度の少しぽっちゃり気味のマッサージ娘がわたしに付いた。名前は覚えていないが、大きな胸が印象的だった。 一通りの施術を終え、スペシャルの頃合いになるがその時はいつもと違った。どうやら彼女は何度か店に通っていた私を覚えていたらしく、アパートの名前も知っていた。そして何やら携帯を取り出し、番号をたずねてきたのであった。 そして彼女は片言の英語を交えつつ、「今夜アナタの部屋に行きたい」みたいなことを言ってきた。またここで意思の弱い私は番号と部屋の番号を教えてしまったのだった。 結局マッサージはスペシャルのないまま終わったが、いつも通りのチップを渡し、今夜を待つ事とした。 夜9時。アパートから見えていたマッサージの店の明かりが消え、そろそろ連絡が来るだろうかと携帯をチェックする。 だがいくど待てども、彼女が部屋に来るどころか、連絡すら来なかった。 夜12時を回ってようやくあきらめがつき、自分の馬鹿さ加減にあきれてしまっていた。 その時の事を今になって冷静に分析してみると、敗因はスペシャルがないのにチップをはずんでしまった事。それからベトナム人のいい加減さを理解していなかったことだろう。それを彼女はバカな日本人に教えてくれたのであった。 私は今回のことを糧に、今後のベトナムライフにおいて二度と同じ失敗は犯すまいと心に近いつつ、これから何度も同じ目に遭うのでありました。 [第3話 マッサージ娘 終わり]


あとがき ベトカラでは売春・風俗を推奨していません。ベトナムでは風俗営業が禁止されておりますのでご注意下さい。 面白かったらいいね!(Like)をお願いします。次回執筆への糧にします。

見てはいけないホントのアオザイ娘

〜第2話 ナイトクラブの扉を叩いた田舎娘〜




ハノイにはナイトクラブと呼ばれる売春クラブが存在する。 同僚はよくここを利用していたのだが、私は風俗だという話を耳にしていたのでそれまで頑に断っていた。 ところがある日、同僚が仕事の任期を終えて帰国する事となり、最後だからということで一緒に行く事を了承した。 だがそれが、これまでの私のベトナムの印象を覆すこととなった。 某ホテルの中に併設されていたナイトクラブ。 中は大きなホールになっており、いくつものソファが並べられ、ステージでは生バンドが演奏していた。 ホールの左右にはカラオケが備えられた個室が設けられており、別料金でそちらも利用出来るようになっている。 客は全て外国人で、肌をあらわにしたドレスを召した女達をソファではべらしている。 彼らは酒を飲みながらキスをしたり、胸を触ったりとやりたい放題だった。 何やら同僚がボーイらしき男に耳打ちすると、我々は個室のカラオケに招かれた。 数分の後、カラオケ店と同じようにたくさんの女性が入ってくる。 だが異なっていたのは、彼女らの胸には番号が書かれた名札が付いていたことだった。 「女の子は一回しか見せないから、気になった子がいたら番号を覚えてくれ」(英語) と、ママさんらしき中年女性が言っていた。 そして、1回に10人程度の女の子が入ってきては、我々の指名を求め、指名がないと次々と他のグループと入れ替わった。 私は数名の番号を紙に控えていったが、カラオケの若い女の子達と比べて、明らかに年がいった20代後半〜30代の女達に、イマイチ気が乗らなかった。 だがその中に一人、下をうつむいたショートカットの女性がいた。 5、60人くらい見た後で、ママさんが「もう女の子はいない、早く決めてくれと」我々を催促してきた。 最終的に、私は気になった女性が2人いた。1人はスレンダーで胸が大きく、いかにも人気のありそうな女。そしてもう一人は例の下をうつむいたショートカットの女である。 同僚達は先に番号を伝えていく。だがその中で、私の1人目の候補は同僚の指名とかぶり、結局私は、ショートカットの女を指名した。 周りの同僚はゲームを始めたり、ソファに女を押し倒したりとそれぞれ始めていたが、その女は私の隣に座るなり、終始無言だった。私が日本語や英語でといかけても何も反応がなく困っていると。他の女が言った。 「ソノコはきょうハジメテデ、ニホンゴもエイゴもワカラナイヨ」 すると今まで無言だったショートカットの女は、その女に向かって何やらベトナム語で伝える。だが相手は無視をして、私の同僚とキスを再開した。 私は状況を理解し、簡単な英語を使って会話を試みる。だがYesもNoも分からないベトナム人がいた事には、さすがに心が折れそうになったが、友人がテーブルに置いていた辞書を拝借して、なんとかコミュニケーションをはじめた。 名前はヴァン。年齢は23歳(のちに27歳と判明)で、出身はハノイでないということだけは分かった。 その後会話は弾まずただムダに時を過ごしていたが、夜の11時を回った頃、突然に同僚が言った。 「どうするの?その娘を持ち帰りするの?」 いつものカラオケの雰囲気になっていたので、思わず、はっ?と答えてしまったが、ここが売春クラブであることを思い出し、状況を理解する。私は首を振ったが、また別の女が口を挟み、ヴァンに何かを確認すると、わたしにこう伝えた。 「ソノコ、アナタのホテルいきたい。アナタドースル?」 私はヴァンにジェスチャーで、彼女の顔を指差してから、その指を私に向けてホテルへ行きたいのか?と伝えると、彼女はコクリと頷いた。 私は本心ではヴァンを持ち帰りしたかったのだが、それ以上に何か、自分が変わってしまう気がして不安がうわまっていた。 回答をあやふやにしていると、すでに会計が進められていて女達は何かを待ち望んでいるかのようなそぶりを見せていた。すると同僚が言った。 「あ、チップ渡して。つまんなかったら2、30万ドン、満足したら4、50万ドンね。」 さすがに無料でお触りさせる訳ないかと納得する。 私が支払った料金は全部で$65程度である。女の子の指名料$25、飲み物$20(女の子も含む)、チップ50万ドンだったと記憶している。カラオケの部屋代は同僚が支払ってくれた。 (現在ナイトクラブのシステムは変わっており、併設されたホテルの部屋代$50とチップ$100以上を請求されるそうです。) 会計を済ませると、女の子達はそれぞれのパートナーに腕を回して部屋を出て行く。 その時である。なぜそうしたのかは分からない。だが体が自然とそうしていた。取り残された私は、財布に忍ばせていた自分のホテルの名刺を取り出した。そして電話番号を書き、サッとヴァンに渡す。ヴァンは驚いた様子もなく、ニコッと初めて笑顔を見せた。 私は一瞬ドキっとしたと同時に、大きな過ちをした気がしてならなかった。 店を出ると同僚達はそのホテルのロビーのソファに腰を下ろす。 「女の子達が着替えて来るから待ってて。っていうか、持ち帰りしたの?」 私は適当な事をいって、首を振った。 実際、彼女がどうするか分からなかったし、私もどうしたいか分からなかったからだ。 数分後、私服を着た数人の女達がやってきたが、結局その中にヴァンはいなかった。 私は安堵し、持ち帰りをしなかったもう一人の同僚とタクシーに乗り込んだ。 ホテルに戻り、シャワーを浴びてからテレビを付ける。 今日の出来事を思い出しながら、少し気を落ち着かせると、私の携帯が鳴った。 内容はベトナム語でのショートメールだったが、またいつもの広告メールと思いそのままにした。 するとすぐに、今度はホテル備え付けの電話がやかましいくらいに大きな音で鳴った。 電話に出るとそれはフロントからで、 「レディー!レディー!」と言っているのが聞こえた・・・。

[第2話 ナイトクラブの扉を叩いた田舎娘 終わり]


あとがき ベトカラでは売春・風俗を推奨していません。昨今、クラブの摘発が次々とされており、日本人も逮捕されておりますのでご注意下さい。 面白かったらいいね!(Like)をお願いします。次回執筆への糧にします。

見てはいけないホントのアオザイ娘

〜第1話 初めて見たアオザイ娘達〜




私が出会った初めてのアオザイ娘達。 今となっては店の名前すら覚えていないが、夜の世界とは無縁だった私に十分すぎるほどの印象を与えてくれた。 ベトナムハノイへ降り立った初日。勤め先の先輩に無理矢理つれられやってきたカラオケ。 外観はネオンで彩られ、異国の地で目にした日本語の看板に違和感がありつつも、私の鼓動はいやおうなしに早くなっていた。 店に入ると、わたしはその先の光景に圧倒された。 「イラシャイマセー!」 「イラシャイマセー!」 「イラシャイマセー!」 片言の日本語が飛び交い、真っ白なアオザイを着た何人もの若々しいベトナム人女性の視線が向けられる。 異様に恥ずかしく、まともに直視出来なかったのが本音である。 ベトナムのカラオケ店の作りは4F〜5F建てのものが多く、各フロアに2つずつ個室の部屋があるのがスタンダードである。1Fはカウンターのみのところが多く、部屋数は一般的に6~8部屋だ。 私たちのグループは2Fにある”VIP”とドアに書かれた部屋へと通された。 (ちなみにVIPはよく使われるが、ただ他の部屋より大きめというだけで、値段も同じである) しばらくすると、トントンとドアがノックされ、日本語の流ちょうな女性のコンバンワ〜、という声の後から、続々と先ほど目にしたアオザイ娘達が部屋に入ってきた。 その人数は10をゆうに超えていた。 「はい、オナノコを選んでくださーい」 マネージャー(通称チーママ)らしきその女性が合図すると、アオザイ娘達は綺麗に列を作り、笑顔を向けてアピールをする。 私がオドオドしていると、先輩に催促され、慌てて細身の女性を選んだ。 先輩方はすでに女の子が決まっていたらしく、わたしの指名が終わるとそそくさとアオザイ娘達は部屋を出て行き、指名した子達がそれぞれの隣に密着して座った。 私が指名した女の子の名は、ハーという名前だった。 隣に座るなり、私の右腕に彼女の腕を絡ませてきたことには驚いた。 そして白いアオザイのスリットから、彼女の綺麗なくびれと素肌が見えていたのを覚えている。 というかそれしかほとんど覚えていない。 私は興奮やまず、会話はそこそこに彼女の良い香りをかぐっていた。 カラオケもあったが誰一人として歌わずに、互いのパートナーの呼吸が感じるほどの距離で会話を楽しんでいた。 小一時間たった頃、ハーさんは簡単な英語で電話番号を聞いてきた。 今となっては勘違いもはなはだしいのだが、 ハーさんは私に恋をしたのかもしれないと思い、不埒(ふらち)な想像をしながら私は番号を教えた。 だがあいにく、ベトナム初日で現地の携帯番号を持ってないなかった私は、 日本から持ってきたDocomoの携帯を教えた。 夜11時を過ぎ、程よく楽しんだ我々は会計を済まし、タクシーを呼んでもらった。 帰りはまた娘達が見送りをしてくれたが、その中には仕事を終えたのか、既に私服に着替えている女の子もチラホラと見えた。 帰りのタクシーの中、携帯のバイブレーションがショートメールの着信を教えた。 明日会えますか? 一緒にVan Mieuへ行きましょう。ハー。(内容は英語) そう書かれていたが、Van Mieuを知らなかった私はどこへ行きたいのか検討もつかず、また、一歩を踏み出す勇気がなかった為に、誰にも相談することなくそのメールを閉じた。 ただ一つ確信していたことは、彼女が送ったショートメールは日本を経由して届いたので、メール代は高かったろうということだった・・・。

[第1話 初めて見たアオザイ娘達 終わり]


あとがき
初回では、日本人向けカラオケの内容をストーリー仕立てで紹介させて頂きました。これはよくある出来事なのですが、最初からいきなり番号を聞かれたり、自分が思っている以上に良くしてくれるので、つい疑心暗鬼になってしまいますが、あまり深く考えずに楽しむことをおすすめしときます。

面白かったらいいね!(Like)をお願いします。次回執筆への糧にします。
  • ベトナムの夜遊び詳細は以下からどうぞ。

    ベトカラには可愛い女の子 の写真がいっぱい!

    これだけは知っておこう!ハノイ初めての夜遊び!